ZARD(ザード)

Good-bye My Loneliness(グッバイ・マイ・ロンリネス)

Good-bye My Loneliness
「Good-bye My Loneliness」(グッバイ・マイ・ロンリネス)は、ZARDのデビューシングル。1991年2月10日発売。ポリドール時代はCDコードはPODH-1029、POSH-1029。B-Gram RECORDSに版権が移ってからはBGDH-1010。 初登場は28位だったものの、4週目に9位に入りデビューシングルで初のオリコンチャートTOP10入りを果たす。テレビドラマ『結婚の理想と現実』とのタイアップを企画中、フジテレビのプロデューサーがこの曲のデモテープを聴き、ボーカルとして坂井泉水が歌うことになった。 2004年、ZARDの楽曲にも参加しているフュージョンバンドDIMENSIONがアルバム『Loneliness』でカバーしている。 ZARDのシングルで本作と次作「不思議ね…」のみ、オリジナルカラオケが収録されていない。 収録曲 Good-bye My Loneliness 《グッバイ・マイ・ロンリネス》 作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:明石昌夫当時、編曲の明石昌夫はB'zのバックバンドメンバーの一員で、葉山たけしがギターを担当した。

ZARD [ Good-bye My Loneliness ] モバイルページ

musiclip モバイル
ZARD
Good-bye My Loneliness