ゆず

夏色(ナツイロ)

夏色
「夏色」(なついろ)は、日本のフォークデュオ、ゆずの楽曲で、デビューシングル。1998年6月3日に発売。発売元はセーニャ・アンド・カンパニー。 同年7月の第1週に初めてオリコンチャートのトップ30に入り、9月の第1週にはトップ20入り、9月第3週には最高位である17位を記録した。 2008年11月18日より、京浜急行電鉄の上大岡駅(神奈川県横浜市)において、「夏色」が接近メロディーとして使用されている。 収録曲 夏色 (3:21) 作詞・作曲: 北川悠仁 『スペースシャワーTV』1998年度6月期 POWER PUSH曲。 音楽番組や雑誌で集計される「夏に聴きたい曲」等のアンケートでは、上位にこの曲の名前が挙がる機会も多い。 楽曲制作は春に行われており、思わず夏には相応しくない「5時半の夕焼け」という歌詞を入れてしまったと、北川は語っている。また、「夏色」という曲名は、岩沢が「色が見えました。夏色っていう色が」という由来から付けられた。 シンガーソングライターの山崎まさよしと岩沢厚治が音楽雑誌で対談した際、山崎が「サビの『この長い長い下り坂を〜』から疾走感がどんどん増すのに、突然『ゆっくり〜ゆっくり〜』とブレーキを握る歌詞になるのがずっと疑問だった」と述べ、その理由を代わって岩沢が返答した(北川の実家の前に急な坂がある、という内容)。

ゆず [ 夏色 ] モバイルページ

musiclip モバイル
ゆず
夏色