スピッツ(SPITZ)

空も飛べるはず(ソラモトベルハズ)

空も飛べるはず
「空も飛べるはず」(そらもとべるはず)は、日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、通算8作目のシングル。1994年4月25日にポリドールより発売。 ドラマ主題歌(後述の『白線流し』とは別)の依頼を受け、草野がシナリオを読んで2-3日で書き下ろした曲。結果的に主題歌候補からは外れたものの、シングルとして発売された。 レコーディング当時は、前年にアルバム『Crispy!』を担当した笹路正徳プロデューサーとのスケジュールが合わず、代わりに土方隆行がプロデュースを務め、同時期に次のシングルとなる「青い車」もレコーディングされた。5thアルバム『空の飛び方』のレコーディングから笹路が復帰し、彼の監修の下アルバムバージョンを制作。ボーカルテイクを再録した上でリミックスされた。 ジャケットデザインはCentral67の木村豊が手掛け、今作以後現在に至るまでスピッツ関連作品のすべてに関わっている。プロモーションビデオは竹内鉄郎の制作。撮影場所は茨城県霞ヶ浦の廃病院であり、現存はしていない。老紳士役を演じているのは丸山詠二。 1994年の発売当初はオリコン最高28位だったが、1996年1月からフジテレビのテレビドラマ『白線流し』の主題歌として起用されたことで同一品番で準新譜扱いで新たにプレスされる。

スピッツ [ 空も飛べるはず ] モバイルページ

musiclip モバイル
スピッツ
空も飛べるはず