スピッツ(SPITZ)

涙がキラリ☆(ナミダガキラリ)

涙がキラリ☆
「涙がキラリ☆」(なみだがキラリ)は日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、通算12作目のシングル。1995年7月7日にポリドールより発売。 前シングル「ロビンソン」のヒット中にリリース。リリース時のタイアップはTBS『COUNT DOWN TV』オープニングテーマ、およびシャープ「シャープMD」CMソング。2000年には『世界ウルルン滞在記』のエンディングテーマ曲に使用された。オリコン週間チャートでは最高2位となり、その後も継続的に売り上げを伸ばし、累計98.1万枚を売り上げた(オリコン調べ)。 タイトルの星マークは、ライブなどでクリスマスより七夕が好きだと公言していたメンバーが七夕を盛り上げるために付けた。これにちなんでシングルの発売日も7月7日である。なおこの日は、平成7年7月7日の7が3つ並んだゾロ目の日でもあった。 「青い車」や「ロビンソン」の時と同様、このシングルも発売直前まで「涙がキラリ☆」と「ルナルナ」どちらをA面にするか決まらず、両A面にするか「涙がキラリ☆」を出した後すぐ廃盤にして「ルナルナ」を出すという案もあった。

スピッツ [ 涙がキラリ☆ ] モバイルページ

musiclip モバイル
スピッツ
涙がキラリ☆