スピッツ(SPITZ)

インディゴ地平線(インディゴちへいせん)

スピッツの通算7作目のオリジナルアルバム『インディゴ地平線』(1996年10月23日に発売)の3曲目に収録。アルバムのタイトルチューン。タイトルは草野の造語で、あとからアルバムのタイトルに選ばれた。PVも作られている。仮タイトルは「キリン」。

このアルバムは前年のブレイクによる影響から、これまで幻想的な内容の作品が多かったのに対し、本作では現実からの視点が多くなったのが特徴。草野曰く「裸足で地面に立ち、真っ直ぐ地平線を見つめるイメージ」。

この頃はバンドとして相当忙しく、歌入れの当日に歌詞が出来ていなかったり、レコーディングも徹夜で行なわれることが多かった。その反作用から、音としては「余裕を見せる」楽曲作りを心掛けたと草野は語っていた。しかし、三輪はこの頃急にギターが弾けなくなり(原因は不明、後に回復)、スケジュールにも遅れが生じていた。最初に決定された発売日(10月23日)が延期されることはなかったが、ミックスダウンにも時間がかかり、アルバム制作は9月初旬まで行なわれることとなった。こういった経緯から、メンバーは「一番思い出深いアルバム」と語っている。

作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ

スピッツ [ インディゴ地平線 ] モバイルページ

musiclip モバイル
スピッツ
インディゴ地平線