椎名林檎(しいな りんご)

真夜中は純潔

真夜中は純潔
「真夜中は純潔」(まよなかはじゅんけつ)は、東芝EMI(当時)より2001年3月28日に発売された日本のシンガーソングライター・椎名林檎の7枚目のシングル。 初回限定盤のみ、帯に「リンリン生唾ブロマイド」付き(被写体は、椎名とその飼い猫のゲーテ)。先行発売として、本作のアナログ盤が一週間早い3月16日に発売された。 本作は椎名とはデビュー以来の付き合いであったアレンジャー兼ベーシストの亀田誠治の手を離れて製作された初の作品であり、表題曲「真夜中は純潔」は、東京スカパラダイスオーケストラが編曲を担当している。カップリング曲には、デビューアルバム『無罪モラトリアム』から「シドと白昼夢」を服部隆之による別アレンジで収録。「愛妻家の朝食」は、キーボーディストの森俊之が編曲を担当している。 収録曲は、夜・昼・朝の順に並べられ、振り仮名は全てカタカナでふられている。なお本作の演奏者達は、東京スカパラダイスオーケストラに倣って、すべて「○○オーケストラ」と表記されている。 また、表題曲「真夜中は純潔」は、三枚目のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』に「愛妻家の朝食」と共に収録される予定であったが、製作中に世界観が合わないと判断され、収録が見送られた。

椎名林檎 [ 真夜中は純潔 ] モバイルページ

musiclip モバイル
椎名林檎
真夜中は純潔