椎名林檎(しいな りんご)

浴室

椎名林檎と斎藤ネコが椎名林檎×斎藤ネコの名義で発売したアルバム『平成風俗』(2007年2月21日に発売)の7曲目に収録。

アルバム『勝訴ストリップ』に収録された原曲と、シングル『りんごのうた』に収録された「la salle de bain」をミックスしたアレンジとなっている。歌詞は2番のメロまで日本語で、2番のサビから英語となっている。「la salle de bain」と同じキーで歌唱している。

「生死とかを超越した融合を実現したい」という欲望と提案について唄った曲。林檎自身、『勝訴ストリップ』のアルバムのなかで1番好きな曲かもしれないとも語っている。

この曲は、ジャン・フィリップ・トゥーサンの同名小説でジョン・ラヴォフ監督による1987年公開のフランス映画をイメージしたそうで、椎名がいつもビデオを借りに行っていた東中野のレンタルビデオ屋で、そのビデオの背表紙を見た時に思いついたという。ただし、当時本人はその映画を観ていなかったとのこと。

『勝訴ストリップ』アルバム発売前には、プロモーションの一環としてこの曲のフルが無料配信された。
9枚目のシングル「りんごのうた」のカップリングには、英語の歌詞でアレンジの異なる「la salle de bain」が収録されている。また、アルバム『私と放電』にも収録されている。

椎名林檎 [ 浴室 ] モバイルページ

musiclip モバイル
椎名林檎
浴室