安室奈美恵(あむろ なみえ)

ROCK STEADY

アレサ・フランクリン「ROCK STEADY」(1971)のカバー。安室奈美恵の単独名義では34作目のシングル『60s 70s 80s』(2008年3月12日に発売)の2曲目に収録。

本作は自身が出演する『プレミアム ヴィダルサスーン』(Fashion×Music×VSキャンペーン)とのコラボレーションにより、“リメイク”をテーマに各年代を象徴する楽曲「NEW LOOK」「ROCK STEADY」「WHAT A FEELING」の3曲を収録したスペシャル企画盤。

1960年代からは自身のフェイバリット・ソングであるというスプリームスの代表曲「Baby Love」(1964年)を選曲し、おなじみのT.KURA・MICHICOにプロデュースを依頼し「NEW LOOK」としてリメイク。1970年代からはアレサ・フランクリンのヒット曲「ROCK STEADY」(1971年)をMUROによるアイディアで大胆にサンプリングしたダンスナンバーにリメイク、“駆け落ち”をテーマにMICHICOが作 詞。1980年代からは映画『フラッシュダンス』の主題歌、アイリーン・キャラの「What A Feeling」(1983年)を選曲し、初顔合わせの大沢伸一がプロデュースを担当。

ミュージック・ビデオでは「ヴィダルサスーン」とのコラボレーションにより、パトリシア・フィールド(スタイリスト)、オーランド・ピタ(ヘアスタイリス ト)と世界的クリエイター陣がヘアメイク、衣装デザインを手掛け、CMでは各年代別3本のカットダウンサイズPVがオンエア。またキャンペーンの一環とし て、1月にCM商品の発売記念プレミアムイベントが開催され、抽選で限定150人を招待してスペシャルライブを開催。他にも1週間の期間限定で業界新発想 の自身の等身大写真84枚がデザインされた横長の携帯音楽試聴ポスターがメトロプロムナードをジャック。

オリコンでは、登場2週目でシングルでは「I HAVE NEVER SEEN」以来9年3ヶ月ぶり10作目の首位を獲得。トップ10に7週ランクインし、19週連続でトップ100をキープするヒットを記録。また、自身の持 つシングルトップ10連続獲得年数記録女性部門歴代1位の記録も14年に更新した。さらに首位獲得により、「What A Feeling」はオリジナルのアイリーン・キャラと合わせて、2人のアーティストによって1位を獲得した楽曲となった。

作詞:michico, Aretha Franklin/作曲:MURO , michico, Aretha Franklin/編曲:MURO

安室奈美恵 [ ROCK STEADY ] モバイルページ

musiclip モバイル
安室奈美恵
ROCK STEADY