ゆず

夏色

動画を見る(YouTube)
動画を見る(YouTube)
※パケット定額に加入していない場合、多額の通信料がかかります。
夏色
「夏色」(なついろ)は、日本のフォークデュオ、ゆずの楽曲で、デビューシングル。1998年6月3日に発売。発売元はセーニャ・アンド・カンパニー。 同年7月の第1週に初めてオリコンチャートのトップ30に入り、9月の第1週にはトップ20入り、9月第3週には最高位である17位を記録した。 2008年11月18日より、京浜急行電鉄の上大岡駅(神奈川県横浜市)において、「夏色」が接近メロディーとして使用されている。 収録曲 夏色 (3:21) 作詞・作曲: 北川悠仁 『スペースシャワーTV』1998年度6月期 POWER PUSH曲。 音楽番組や雑誌で集計される「夏に聴きたい曲」等のアンケートでは、上位にこの曲の名前が挙がる機会も多い。 楽曲制作は春に行われており、思わず夏には相応しくない「5時半の夕焼け」という歌詞を入れてしまったと、北川は語っている。また、「夏色」という曲名は、岩沢が「色が見えました。夏色っていう色が」という由来から付けられた。 シンガーソングライターの山崎まさよしと岩沢厚治が音楽雑誌で対談した際、山崎が「サビの『この長い長い下り坂を〜』から疾走感がどんどん増すのに、突然『ゆっくり〜ゆっくり〜』とブレーキを握る歌詞になるのがずっと疑問だった」と述べ、その理由を代わって岩沢が返答した(北川の実家の前に急な坂がある、という内容)。

ゆずの曲リスト
少年
夏色
桜会
マイライフ
サヨナラバス
センチメンタル
いつか
栄光の架橋
くず星
友達の唄
からっぽ

いちご
two友
逢いたい
シシカバブー
Yesterday and Tomorrow
ストーリー
明日天気になぁれ
春風
クリスマスの約束
超特急
陽はまた昇る
桜木町
シュミのハバ
夢の地図
歩行者優先

スミレ
3番線
水平線
呼吸

またあえる日まで
恋の歌謡日
アゲイン2
3カウント
飛べない鳥
嗚呼、青春の日々
心のままに
はるか
なにもない
雨と泪
月影
ワンダフルワールド


musiclipポップスゆず>夏色


▲ページトップへ

© musiclip

携帯アクセス解析