スピッツ

ヒバリのこころ

動画を見る(YouTube)
動画を見る(YouTube)
※パケット定額に加入していない場合、多額の通信料がかかります。
ヒバリのこころ
「ヒバリのこころ」は日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、デビューシングル。1991年3月25日にポリドールより発売。 都内のライブハウスで活動していたアマチュア時代からのレパートリーであり、現在でも一部のイベントを除き、ツアーでは必ず演奏されている。 メジャーデビュー前にも二度レコーディングされていたが(詳細はその他の音源を参照)、1stアルバムのレコーディングではリズムパターンやギターソロ、歌詞などが変更され、1stアルバム『スピッツ』と同時発売という形でシングルカットされた。最後はフェードアウトして終わるが、アルバム収録版とはフェードアウトの開始位置が異なり、シングル収録版の方が30秒ほど短いバージョンとなっている。 PVは竹内鉄郎が監督。茨城県の田舎の方で、バスで走りながら撮影された。なお、このPV制作のために、竹内が大学の卒業単位を落としたというエピソードがある。 1998年に、「NHK長野冬季五輪」CMソングとして使用された。 収録曲 ヒバリのこころ(作詞、作曲/草野正宗 編曲/スピッツ) 収録アルバム:『スピッツ』、『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』 ビー玉(作詞、作曲/草野正宗 編曲/スピッツ) 収録アルバム:『スピッツ』 その他の音源 デモ・バージョン レコード会社ポリドールと契約する約1年前、同社からのプレゼンにより、1989年9月に「僕はジェット」と同時にレコーディングされたデモ音源。

スピッツの曲リスト
チェリー
空も飛べるはず

ロビンソン
流れ星
君が思い出になる前に
涙がキラリ☆
正夢
君は太陽
スカーレット
青い車
運命の人
ホタル
若葉
春の歌
スターゲイザー

遥か
群青
ルキンフォー
冷たい頬
ヒバリのこころ
夢追い虫
スパイダー
魔法のコトバ
裸のままで
放浪カモメはどこまでも
愛のことば
さわって・変わって
夢じゃない
メモリーズ
愛のしるし
つぐみ
テクテク
水色の街
ハネモノ
ハチミツ
スピカ
インディゴ地平線
ババロア
夜を駆ける
海を見に行こう
けもの道
旅の途中
君と暮らせたら
あじさい通り
バニーガール


musiclipROCKスピッツ>ヒバリのこころ


▲ページトップへ

© musiclip

携帯アクセス解析