CHEMISTRY

Two As One

動画を見る(YouTube)
※パケット定額に加入していない場合、多額の通信料がかかります。
Two As One
『』より : 「Two As One」(トゥー・アズ・ワン)は、2005年10月5日にCrystal KayとCHEMISTRYがCrystal Kay × CHEMISTRY名義で発売した、両者のコラボレーションシングル。発売元は、Epic Records。なお、Crystal Kayにとっては18枚目のシングル。 解説 コラボ作であるが、Crystal Kayのシングルとして売り出されており、CHEMISTRY側のシングルとしてはカウントされていない。ジャケットもCrystal Kayが飾っている。 このコラボレーションの発端は、『BASIC'S』というカバー曲を歌うイベントでCrystal KayとCHEMISTRY両者が共演した際に、Crystal Kayの発した"いつか何かやれたらいいね"という言葉による。そこからプロジェクトが動き出し、数曲のデモの中からコラボレーションする曲が絞り込まれていき、結果的に「Two As One」に決まった。 この曲には、男性と女性それぞれの視点から歌った、2つの歌詞が存在する。

CHEMISTRYの曲リスト
PIECES OF A DREAM
My Gift to You
You Go Your Way
It Takes Two
君をさがしてた 〜New Jersey United〜
Wings of Words
Point of No Return
約束の場所
SOLID DREAM
YOUR NAME NEVER GONE
あの日...
最期の川
Two As One
白の吐息
Long Long Way
アシタヘカエル
Top of the World
almost in love
FLOATIN'
Now or Never
遠影
So in Vain
最後の夜
SUPERSTAR
恋する雪 愛する空
空の奇跡
Period
Us
This Night
Life goes on
あの頃...
Astrosexy


musiclipR&BCHEMISTRY>Two As One


▲ページトップへ

© musiclip

携帯アクセス解析